葱と鴨。

文化系、ゲーム、映画、ジェンダー。https://twitter.com/cho_tsugai

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が傑作だった

家にいる時間が長くなったのをきっかけにディズニーデラックスに登録してマーベルシネマティックユニバース、通称MCUを最初から観ている。 アイアンマンでヒーロー像のアップデートに驚き、アベンジャーズで先進性にふるえ、そしてシビル・ウォーでスコセッ…

2020年のお仕事一覧

<Wellplayed Jounal> <NumberWeb> <大塚食品 e3特設サイト> ときどさん、豊田風佑さん、SHORIさん、マゴさん、大須晶さん、アールさん、カプコン綾野智章さん、マウスコンピュータ杉澤竜也さん、RIZest古澤明仁さん、ファミ通上床光信さん、岸大河さん…

「推し」と「萌え」の違いは、選択可能性ではないか

「推す」という感覚についてしばらく考えていたところへ、シロクマ先生が「萌え」と「推し」の話をしていたので、長らく寝かせていた原稿をいったん形にしてみる。昔は「好き」とか「ファン」とかという言葉で表現されていた行動様式が、いつからか「推す」…

今さらオルフェンズがおもしろかった話

ガンダムオルフェンズの全50話をいまさら一気に観た。 周りから「2期がひどい」と聞いていたのだけど、個人的にはむしろ1期から2期に入って面白くなり、「いつ破綻するんだろう」と思っていたらどんどん魅力的になっていって完結した。 とても議論の全ては追…

「映像研には手を出すな!」 自己表現の時代に、誰かの言葉と身体を借りて語ること

「映像研には手を出すな!」最高です。 クールものを同時進行でみるのは本当にひさしぶりで、最後がたぶん真田丸なので3年ぶりに「来週が待ちきれない気分」を感じてます。 「映像研」はいいところだらけなんですが中でも個人的に好きポイントなのが、オリジ…

『パラサイト 半地下の家族』時計回りの絶望と、具体と抽象のジェットコースター

『パラサイト 半地下の家族』のネタバレを含みます。よければどうぞ。 たとえば、目の前で人が歩いているとする。 その事実を「よく知る」には、2つの方向性がある。 1つの方法は具体的に調べること。 その人はどんな外見か、速度はどのくらいか、肘はどれほ…

『アナと雪の女王2』が解決した「1」の宿題と、ディズニーが扱えずにいるもう1つの問題。

ネタバレを含みます。よろしければどうぞ。 アナと雪の女王1(以下「1」)には、大きく分けて2つテーマがあった。 1つは「男女の性愛こそが最高の関係性であり、女性は受け身でそれを待つ存在である」という、いわゆるディズニープリンセス像を壊すこと。 も…

PerkzこそがG2の中心である、という説

G2は最凶最悪の煽り屋集団である。 中でもtoxicさが際立つのが、Perkz。オフィシャルのインタビューでも、SNSでも、お互いのプレイヤーだけに見える試合前のチャットでも、とにかく相手のチームを煽り倒す。 だから彼は、熱狂的なファンと同時に、強烈なアン…

WCSすごかった

WCSすごかった。 1日たってもまだ頭の中に残ってるので、文章にしてちょっと落ち着きたい。 DFMのあの2試合、SPY戦の勝利、そしてISG戦のあの最後の30分は当分忘れられなさそうな気がする。 スポーツっていうのは本質的に、どこまでいっても他人事だ。 ドイ…

人格を使い分けずに生きられるようになったのはいいことなんだろうか

ここ数年、プライベートでも仕事でもストレスがかかる場面がめっきり減って、ペルソナの使い分けをほとんどしなくなった。取材でも雑談でもVCでも、だいたい似たようなトーンで話したり笑ったりしている。 で、長らくそれはいいことなんだと思ってた。自分と…

小さい頃から雨が好きだった 『天気の子』感想

小さい頃から雨が好きだった。 薄いグレーだった道路に黒い点ができはじめてあっという間に一面が真っ黒になっていく瞬間、それまで我が物顔で光っていた街灯が見る影もなくくすんだ姿、気にも止められていなかったアスファルトの小さな凹凸が水たまりという…

ゲーミング腕組みについて1日考えたこと

そろそろ日本のesportsシーンにおける舞台上の強制腕組みシステムやめませんか。 — 岸大河 / Taiga Kishi (@StanSmith_jp) May 22, 2019 岸さんのこのツイートからはじまった「ゲーミング腕組み」の話を朝から1日考えてました。 結論は「腕組みあたりで手を…

2019年のお仕事一覧

<ウェルプレイドジャーナル> <NumberWeb> number.bunshun.jp <LJLオフィシャル> <フォルクスワーゲン> ときど「電脳空間を駆ける」 <eスポーツFIELD> <ALIENWAREZONE> <SHIBUYAGAME>

『愛がなんだ』どころか「それはなんだ」と問いたくなる。

「お互いが納得してるならそれでいいでしょ」という薄っぺらい正論の奥の 「自分が納得すればそれでいい」という個人主義のさらに奥にある 「誰も納得していないのに、そのように立ち現れてしまった関係性」の話。 映画では、穂志もえかや片岡礼子が正論(≒社…

LJLのコールは「応援団問題」です

LJL会場でのコールがちょっと話題になってました。 これはプロ野球やJリーグで続いてきた「応援団問題」の一環で、得意分野なのでモデルケースを紹介しつつ私の考えをまとめます。 結論から書いておくと、私はLJLでの一体型コールについて現時点では慎重派で…

『風立ちぬ』が描いた時間的近視

『風立ちぬ』がテレビ初公開だったらしいので、公開当時に書いた感想を置いておきます。直したいところいっぱいあるけど、ぐっとこらえてそのままで。◆「近視」の映画だ、というのが最初の感想だった。 主人公の視力ももちろん悪いのだけど、むしろ「時間的…

スポーツは「遊びに過剰な情熱を注ぐ変な人」の祭典

ゲームとスポーツ(eスポーツを含む)の関係が話題になっていたので、乗ります。 いまスポーツとして扱われているあらゆる種目も、かつてはただのゲーム、つまり遊びでした。 野球もサッカーもバスケットも、遊びや祭りとしてはじまりました。もちろんeスポ…

こんまりとはガレンである。

最近、ずっとこんまりのことを考えていた。こんまりというのはもちろんアメリカも人気の片づけのカリスマ、近藤麻理江さんのことだ。 彼女のキーワードは「ときめき」とか色々あるのだけど、大きく括れば持ち物は少ないほどいいという思想の人である。「片づ…

ガレンの片思いが決して実らない理由

ガレンを愛するみなさんこんにちは。 ガレンといえばJustice、そして移動速度。 LoLにおいて爆発的な移動速度が欲しいチャンピオンが何をするかというと、大抵はライチャスグローリーを買う。 しかしご存知の通り、ガレンはこのアイテムを買わない。というか…

2018年のお仕事一覧

2018年に書いたものの一覧です。 LJL公式 プロゲーマーがツラいって誰が決めた。 新興ゲーミングチームが名門に勝つ方法 Roki is Back! プロゲーマーにとっての「かわいさ」と「かっこよさ」 名物キャスターコンビが考えるLJLとeスポーツの未来 こんなDFM、…

「観る側にとって」大会の賞金にはどんな意味があるか

LJLの優勝賞金が1000万円になり、M-1や海外のメジャー地域に並びました。 年俸の相場はわかりませんがLJLなら有力選手を1人雇えそうな額で、チームにとって大きなインセンティブであることは確かです。リーグにとっても大きな前進でした。 が、今回したい話…

「好きでゲームしてるだけだから放っておいて」という言葉の記憶

ゲーマーが人生で絶対言ったことありそうなセリフを言います。 「好きでゲームしてるんだから放っといて。別に迷惑かけてないでしょ」 言ったことありますよね? 私はすさまじい回数言ってます。そしてこの感覚は、まだ自分の中にがっちり残ってます。 なの…

ウメブラすごかった

スマブラのコミュニティ大会、ウメブラにはじめて行ってきました。 もうすぐ発売のSwitchのスマブラ新作を64以来でやろうかなぁと思っていたタイミングでWiiU最後の大会があるということで、キャラも技も知らないしプレーヤーもあばだんごさんとにえとのさん…

コミュニティというマジックワード

「コミュニティ」っていう言葉がゲームやeスポーツの話によく登場します。 どうやら大切で、あらゆる価値の源泉だということになっていることが多いんですけど、「コミュニティって結局なんなの?」という話もよく聞こえるので、自分なりの仮説を紹介します…

価値基準を自分たちの手に取り戻す戦い~映画『ブラックパンサー』

マーベルのスーパーヒーローシリーズに登場した、アフリカにルーツを持つ黒人が主人公の『ブラックパンサー』をようやく観られた。 キャストのほとんどに加えて監督やスタッフも黒人中心でヒーロー物を撮るという、成りたちからかなり政治色が強い作品で、女…

プロゲーマーの不幸エピソードを探す未来はいらない

甲子園の出場校が決まると、地元の新聞記者が何をするか知ってますか? 学校へ行ってこう聞きます。 「最近、親族がなくなった子はいませんか?」 これはオリンピックでも同じ。活躍した選手を報道しようとする時、まず選手の過去にあった挫折や不幸を探して…

国際大会でLJLチームに何を期待するか

ちょっと気が早いけど、WCSの話。 WCSやMSIが近づくと少し憂鬱になる、というのはLoLコミュニティの人には割と共感してもらえる気分だと思います。 それはLJLチームへの風当たりがキツくなって配信が荒れるからで、さらにその理由は国際大会で日本のチームが…

おひま

一週間ちょっと前からひまわりが2本家にいたのだけど、その片方が枯れた。まぁゆえあって花屋さんで切り花状態で買ってきたのでそんなに長いこと元気でいられるわけじゃないのは知ってたのだけど、それでも一週間も水をかえたり茎を切ったりと世話していたら…

性差別を内包した文化の今後~女子校、相撲、男女別で競う100m走~

お茶の水女子大の「性自認が女性のトランスジェンダー学生は、戸籍上男性でも受け入れる」という発表について、前に相撲からスタートした思考実験を置いておく。 ・たとえば相撲のような、根本に性差別を含む文化は今後も許容されるか →許容される。 宝塚や…

空虚な中心としてのスポーツ~想田和弘『ザ・ビッグハウス』~

それをとりまく人々が熱狂し、陶酔し、一体化し、無視し、嫌悪し、大金を投じ、人生を賭ける。 周囲の注目と熱量が高まれば高まるほど、その真ん中にあるアメフトの「空虚な中心」性が浮き彫りになる――。 想田和弘最新作『ザ・ビッグハウス』は、巨大産業で…